【新卒】確認しておきたい逆質問を例文つきでご紹介

新卒採用にお悩みの就活生へ
スポンサーリンク
就活生
就活生

先日、企業説明会に参加した際に”何か質問はありますか?”と聞かれたのですが、何も答えられませんでした…。

逆質問って何か準備しておいた方が良いのでしょうか?

ハル
ハル

たいていの場合、聞きたいことを質問していただいて大丈夫ですよ!

むしろ、採用担当者側から見ると、逆質問がない場合の方が不安になります…笑

面接の最後や企業説明会において、「何か質問はありますか?」と聞かれたことはありませんか?
また、OGOB訪問をする際などにも”何を聞いたらわからない…。”と悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身も就活生の頃、逆質問で何を聞いたら良いのかが全くわかりませんでした。

こんなこと気になるけど、聞いても良いのかな…?」とか、「こんなこと聞いちゃったら、頭悪いと思われるかな…。」など、気になるけど聞けない状態のまま就活をしていました。

今回は、私が採用担当として関わってきた中で聞かれた逆質問や、”こんなこと聞いても大丈夫だよ”といった内容をまとめてみました。
また、逆質問において気をつけた方が良いポイントも書かせていただいたので、面接時やOGOB訪問などで活用していただければと思います。

ハル
ハル

”志望企業で働いている自分”をイメージしてみましょう。何か確認しておきたいことは浮かんできましたか?

就活生
就活生

どんな人が上司になるのかな…?

業務未経験だけど、どのくらいまで成長できるか不安だな…。

スポンサーリンク

確認しておきたい質問事項まとめ

〇〇様が御社を選んだ理由はなんですか?

この質問は、採用担当者や面接官、OGOB訪問においても確認する事ができる質問です。
その人が企業を志望した一番のきっかけや、入社した後のギャップについて語ってくれる方が多いです。

志望動機を作る際のヒントになる情報がたくさん含まれていますし、その人しか知らないオリジナルエピソードを聞く事ができます。
確認して損はない質問なので、ぜひ聞いてみましょう。

会社員
会社員

中小やベンチャー企業の方が、代表との距離が近い分、学べる事が多いと思ったので、就活時には中小・ベンチャーを中心に見ていました。弊社の説明会で実際に代表とお話しした時に人柄の良さを感じて入社を決めたんだけど、実際に入社してみたら~~~etc

こんなエピソードが聞けるかもしれませんよ。

ハル
ハル

実は質問される側にとっても、準備ができない分本音が出やすい質問内容だったりします。

その人の話し方やエピソードの内容から、その人がどんな人なのかも感じ取る事ができるので、面白いですよ。

プログラミング未経験ですが、同じような方で活躍されている社員の方はいらっしゃいますか?

この質問は、文理問わずによく聞かれる質問内容ですが、この内容も聞いておいて損はない内容です。
実際に未経験からプログラマーとして活躍している社員の生のエピソードを教えてもらえる上に、企業によっては”未経験からでも成長できる研修内容”について教えてくれることもあります。

付随した質問として、「未経験から成長された方は、どのような勉強をされていたんですか?」と聞くこともできますよ。
仕事未経験の状態から成長するまでのノウハウを聞く事ができるので、こちらもぜひ確認しておきましょう。

ハル
ハル

今回はプログラマー職を志望する場合を例に出しましたが、この内容も職種限らず確認できる内容です。

もし営業職志望であれば、”未経験から仕事を受注できるようになった方が、お客様と接する際に気をつけているポイントを教えていただきたいです。“等と聞けますね。

産休・育休を取った後にも働かれている女性社員の方はいますか?

女性の方からよく聞かれる質問内容です。また、女性から聞かれる質問で多いのが「女性の管理職の方はいますか?」という質問。

IT企業はどうしても男性の割合が多い業界です。特に、人数の少ない中小企業や立ち上げたばかりのベンチャー企業では、育休・産休を取得できる該当社員がいない関係で、入社後に自分が先陣を切ることになることも…。

今の世の中、結婚や出産が全てではありませんが、こちらも念のため確認しておいて損はない質問です。
※産休・育休については「育児・介護休業法」によって定められている法律です。非正規労働者であっても条件次第で取得が可能になっています。

付随した質問として、「親の介護をしながら働いている社員の方はいますか?」といった質問も確認することができます。
もしも今後、介護をしながら働く可能性があるのであれば、確認しておきましょう。

ハル
ハル

自分が先陣を切るより、目標になる先輩社員がいた方が安心するものです。明確でなくても構わないので、入社後にどんなキャリアを歩みたいか、考えてみましょう。

シーン別、逆質問について

例えば、新卒1年目の若手社員に「御社の事業戦略について教えてください!」なんて質問をしても、若手社員の方からすればちんぷんかんぷんです。(まれに答えられる人もいますが…。)

続いて、面接等で接する人に対して、どのような質問が効果的なのかをまとめさせていただきます。

社長面接など

最終面接などで会社の代表とお話しする機会があるのであれば、「社長が作っていきたい会社の未来像(経営戦略等)」について聞いてみると面白いです。

企業説明会などで、志望企業の業務内容を伺うことができると思いますが、中には「今後はこういった分野で事業を進めていきたい」等の今後の発展について語ってくれることがあります。

例えば、IT会社の企業説明会にて「介護現場でも使いやすいweb会議システムを作る予定です。」といった今後進めたい事業について語るケース。

そのような場合は、

就活生
就活生

今後、介護業界においてIoTを活用したサービスの事業展開などはありますか?

と質問することができますね。

また、今回の例では”介護現場でも使えるweb会議システムを作りたい”つまり、PCに慣れていない方でも、簡単に使えるweb会議を作ることを想定しています。

一方、web会議システムは既存のもので良いものがたくさんあります。
どうやって競合と戦うのか、という質問を聞いてみても良いでしょう。

就活生
就活生

会社説明会でユーザビリティが良いweb会議システムを作るお話を伺いましたが、既存のweb会議システムと比べ、どう言った点で差別化をされているんですか?

ハル
ハル

”どういったきっかけで新規サービスが生まれるんですか?”という質問も面白いですね。

それから、社長さんがお若い時にどんなことを意識されていたのか、といったマインド系の質問も勉強になることが多いです。

気をつけた方が良いポイント

・調べたら分かるような質問は聞かないように気をつけよう。
社長さんによっては自伝本を出版している方や、ホームページ等に創業ストーリーが記載されていたりします。
調べたら分かるような質問は聞かないよう、気をつけてください。
※自伝本を読んだ上で、〇〇について聞きたい、という場合はOKです!

・長時間質問の時間を取らないよう気をつけよう
会社の経営者は忙しい方が多いです。たくさん質問すれば良いわけではありませんので、確認したいことは予めピックアップしておきましょう。

新卒1~2年目の先輩・OGOB訪問など

若手社員とお話をする機会があれば、必ず聞いた方が良い質問は”現在の仕事内容”。

新卒1年目の社員さんが実施しているお仕事内容を、1年後の自分がやっているかもしれない、と考えてみてください。
どんな質問内容が浮かんできますか?

お客さんと会話をする際に、どういった点を意識していますか?
1日の仕事の流れを教えてください。
未経験からどのようにして仕事をこなせるようになりましたか?
“仕事で大変だったこと”や、”どうやって乗り越えたのか”といったエピソードがあれば教えていただきたいです。

などなど。

ハル
ハル

webテスト対策のお話や、就活時に意識されていたこと等、就活時のエピソードを聞いてみても良いですよ。勉強になることがたくさん聞けます。

気をつけた方が良いポイント

・質問されて困るような質問はしないよう気をつけよう。
若手社員に質問しても答えられないような質問(会社の経営戦略や、評価制度についてetc)は聞かないように気をつけましょう。

・年齢が近くても、学生のようなノリで接しないよう気をつけよう。
例え年齢が近くても相手は社会人です。相手が気を遣って接しやすく話してくれるかもしれませんが、その場合も失礼のないよう気をつけましょう。

採用担当者など

採用担当者はたくさんの就活生と関わるだけでなく、入社後の新入社員の人材育成に関わることも多いです。

なので、「どのような方が御社で活躍されていますか?」といった質問や、「エンジニア職での評価ポイントを教えてください」といった”人の成長”や”評価”に関する質問がベストです。
「どんな雰囲気の社員が多いですか?」というような質問も良いですよ。

気をつけた方が良いポイント

・福利厚生などは聞きすぎない方が無難です。
有給消化率や平均残業時間、残業代についてばかり質問するのはあまり印象がよくないです。そればかり聞かないよう、気をつけてください。
・聞きたいことを明確にしておこう。
中途採用において、「採用活動、活発にやっているんですか」と質問をされたことがあるのですが、正直返答に困りました。全体の応募数や、採用人数、どんな人材を採用するのか、という点を聞きたかったみたいですが、質問内容の理解に苦しんだのが事実です。(なんでそんなこと聞くんだろう、ってなってしまいます。)
聞きたいことを明確にし、相手にわかりやすく伝えられるとベストです。

ハル
ハル

実は、逆質問の内容から、相手のコミュニケーション能力の高低差を感じることがあります。
質問が本当に何もないのかもしれませんが、「何もありません。」も正直印象はよくないです。(うちの会社に興味ないのかな?と思われます。)
些細な面からコミュニケーション能力も試されているので、気を抜かないでくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これから企業説明会や採用面接が活発になってくると思いますので、逆質問をする際の参考にしていただければと思います。

皆様の就職活動がうまくいきますよう、願っています。

タイトルとURLをコピーしました