【新卒】インターンシップ参加のメリットは?

新卒採用にお悩みの就活生へ
スポンサーリンク
大学3年生
大学3年生

大学3年生です。インターンシップは参加した方がいいんですか?

ハル
ハル

時間があるのであれば、参加した方がいいですよ!

スポンサーリンク

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が企業に一定期間の体験入社をする制度です。

1日で完結するものから、1ヶ月以上実施するものまで、企業によって様々なインターンシップが行われています。

実際に企業で働いている方々と関わりながら職業体験ができるので、参加することで様々なメリットが得られます。

インターンシップ参加のメリット

業界や企業を知ることができる

インターンシップのプログラムの中には、実際の業務を体験できるものから、

”業界研究”や”自己分析”など、就活に役立つプログラムを実施している企業もあります。

ハル
ハル

IT業界ではプログラムを組んでアプリを作成したり、お客様へのシステム提案を体験できるコースなどがありますよ。

長期インターンシップになると、先輩社員と実際の業務を行うため、アルバイトのように報酬が発生する企業もあります。

業務を任されるため責任も重くはなりますが、採用選考時に有利になるでしょう。

インターンシップは、企業が学生に対し、職業体験の場を設けること、
アルバイトは、学業のかたわら仕事を行い、収入を得ることを言います。

なので、両者の大きな違いとしては、
職業体験を通じてスキルを上げるか、時間と労働力を対価に報酬を得るか
といった部分になります。

企業で働いている人たちの雰囲気を知ることができる

多くの企業では、実際に働いている若手社員や採用担当者がインターンシップに参加しています。

現場の生の声を聞くことができるのも、インターンシップの醍醐味です。

志望動機が作りやすくなる

インターンシップに参加することで、入社後の雰囲気や仕事内容などをイメージしやすくなります。

また、同業界において企業の比較ができるので「なぜ弊社を志望したのか」という問いかけにも答えやすくなります。

就活でのミスマッチを防ぐことができる

企業説明会や面接からは、業務内容の向き不向きや、働いている人の雰囲気を知ることは難しいです。

インターンに参加し、様々な業界や企業の職業体験を経験する中で、やりたい仕事や働きたい企業を見つけることが出来るかもしれません。

インターンシップと採用の繋がりについて

新卒採用選考のプログラムにインターンが組まれている

企業によっては、新卒採用選考の一環として短期インターンシップを取り入れるところもあります。

取り組む姿勢だけでなく、協調性やコミュニケーションなど、実際の業務で必要になってくる様々なスキルを評価されるので、積極的に参加しましょう。

インターン生への新卒特別選考について

2021年現在、一般的に就職解禁日は大学3年生の3月からと決められていますが、一部の企業ではインターンシップで出会った学生に対し、特別選考を実施している企業もあります。

中にはサマーインターンに参加し、年内に内定をもらった学生さんもいるそうです…。

ハル
ハル

企業側もより良い学生を採用するため、就活生と早めにコンタクトをとることがあるんです…。

ただ、インターンシップに参加すれば必ず特別選考があるわけではなく、

特別選考に招待される可能性がある、もし招待されたとしても、内定が確約されるわけではないので、早期採用に期待しすぎるのは控えましょう…。

まとめ

今回は、インターンシップに参加することで、得られるメリットについてご紹介させていただきました。

インターンシップについては大学3年生だけでなく、大学1・2年生から参加できる企業もたくさんあります。

気になる企業があれば是非、参加してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました