“社員の人柄が良い”は志望動機にならない!|現役採用担当が解説

新卒採用にお悩みの就活生へ
スポンサーリンク
大学生
大学生

合同企業説明会に参加したとき、とある企業の説明を担当してくれた方がとっても良い方だったんです!

だから、そこの企業の選考を受けようと思っています!

ハル
ハル

私も就活し始めの頃は人柄重視で就活してたので、気持ちは分かりますが…。

多くの学生さんが、新卒で入る企業は「社員の人柄が良い会社」で働けることを望むのではないでしょうか?
もちろん私も、人柄の良い企業で働きたいと常日頃思っています。笑

ただ、”社員の人柄が良い”を志望動機にするのは避けたほうが良いかもしれません。
今回は”人柄を志望動機にする事”を控えたほうが良い理由と、より良い志望動機の作り方をお伝えします。

スポンサーリンク

“社員の人柄”だけで就活を決めるのが危険な理由

会社説明会、面接などを外注するケースがある

一番最初から恐ろしいことをお伝えしますが、就活のナビサイトでスカウトやDMを送ってくれた方、面接などの選考日時を調整してくれた方。
中には企業説明会の担当者や面接官までもが志望企業の社員ではなく、採用代行企業の方が実施している可能性があります

大学生
大学生

もう何も信じられなくなりました…。

ハル
ハル

説明会や面接官まで外注になるケースは正直あまり聞いたことがありませんが…。

志望企業の社員かどうかを確認するのであれば、直接会った際に”その企業で働いている人しかわからないこと”を質問してみると良いと思いますよ。

志望動機を作る上での参考にもなります。

面接担当者や説明会の担当者に、「その企業に入った理由」や「働いてみてやりがいを感じること」「大変だったことや、どうやって乗り越えたのか」等を質問してみましょう。

志望動機を作る参考にもなりますし、企業で働くイメージがつかみやすくなります。

人事担当者は人柄が良い人が多い

私自身が採用担当者でありながら、こんなことを言うのもおかしな話ではありますが、どこの企業の人事担当者も人柄が良い人が多いです。(私が就活生の頃から実感していました。)

なので、”採用担当者の人柄に惚れて、御社を志望しました”といった志望動機は、全ての業界・企業で通用してしまう志望動機になってしまいます。

志望動機は”会社に入ったら何をやりたいのか”を持ってきたほうが無難です。

また、企業側は仕事として採用を行っているので、インターンシップや企業説明会、先輩社員インタビューなど学生と接する場面において、適任者(人柄が良い人材)を置くことが多いです。

例え不採用でも、企業のファンでいて欲しい

ハル
ハル

少し怖い話になってしまいますが、不採用となった学生にも企業の良い印象を残すことができれば、企業のファンになってくれることがあります。

私自身も採用担当をしている中で、不採用になった方が私の勤める会社を気に入っていただき、優秀な方を紹介してくれたことがありました。

レアなケースかもしれませんが、中途採用で不採用になった方が会社を気に入ってくれ、知り合いを紹介してくれたことがありました。

私が就活をしていた頃も、良い印象を受けた企業や、ためになる選考を実施してくれた企業は、例え不採用になってしまっても、良い企業だったと知人に紹介したことがあります。(私が就活生の頃は、どこを受けても不採用通知ばかりもらってましたが…。)

採用する企業側も、広告費や人件費等たくさんのお金がかかります。

一方で、企業の良さが口コミで広がり、多くの母集団を集めることができれば、企業にとっても大きなメリットとなります。

もちろん、企業のファンを増やすために採用活動を実施しているわけではありませんが、こういった事情もあることを覚えておいて損はないでしょう。

仕事内容に興味がないと判断されることがある

志望動機を”社員の人柄”にした場合、企業側からは”仕事に対する意欲がない”と判断されるケースがあります。

大学生
大学生

人事担当者の対応が良くて、御社にエントリーしました。未経験ですが、御社の研修で仕事を覚えていきます。

正直ここまでストレートなことを伝える人はいないと思いますが、もし心の中でこのように思っている場合、採用担当者側からすると本音が分かってしまうことがあります。

理由は、その企業の詳しい仕事内容や、入社後に自分が何をやりたいかについて、明確に答えることができないからです。

志望企業の仕事内容や入社後にやりたい仕事、自分が貢献できることやキャリアプランについて、考えておきましょう。

ハル
ハル

数年後に何をしたいのか、というキャリアプランを考えるのは難しいかもしれませんが、目標を立てることは大切です。

“立てた目標に対して、どのように行動しているか”という点を評価されるので、日頃から意識的に考えてみてください。

惹かれた人材の下に配属になるとは限らない

当たり前ではありますが、説明会を担当した社員や面接官、就活時に憧れていた先輩の下で必ず働けるわけではありません。
“社員の人柄”を最重視した場合、厳しい上司の下に配属になった場合に大きなストレスを感じることになるでしょう。

人柄だけで会社を選ぶのではなく、自分がやりたいことを重視して会社を選ぶようにしてみましょう。

就活生にオススメのサービスをご紹介!

◆キミスカ
プロフィールを入力しておくと、企業から特別選考のスカウトがくるサービスです

・ありのままの自分を企業が評価!スカウトが届きます♪
・豊富な自己分析ツールを使って、ストレス耐性や価値観の見える化が可能!

\無料登録はこちらから/

魅力的な志望動機を作るなら

人柄の良さを伝えるなら、具体的なエピソードを交えてみよう

社員の人柄の良さを志望動機に含めるのであれば、具体的なエピソードを交えて伝えてみましょう。
簡単ですが、例文を作成してみます。

ケース

プログラマーになるため、アプリ作成を実施している企業のインターンシップに参加した。
インターンシップを担当してくれた社員に憧れた。

大学生
大学生

インターンシップを担当してくれた佐藤さんの人柄に惚れました。

インターンでは初心者の私にも理解ができるよう、一つ一つ細かく区切った説明をしていただいたため、プログラミング未経験の私でもアプリを動かすことができました。

プログラミング初心者ではありますが、佐藤さんのおかげでプログラミングの楽しさを学びました。最初はプログラマーとして技術を磨いていこうと考えていますが、将来的にマネジメントの業務にも携わりたいと考えています。

まずは佐藤さんのように、後輩を指導できる先輩になりたいです。

上記の内容であれば、どうしてその企業で働きたいのかといった理由が明確な上、将来どうなりたいかについても語られています。

ただ、この場合の志望動機として気をつけたいポイントは、インターンに参加した後も自主的に学習ができているか、という点や、将来やりたいことが漠然としすぎていること。

将来やりたいことについても、自身の経験を交えることができればベストです。

大学生
大学生

アルバイトでバイトリーダーを担当し、後輩指導を担当した経験から、マネジメント業務に携わりたいと考えています。

将来やりたいことについても、この一文を加えることで信憑性が高くなります。

また、この志望動機を伝えた場合、「インターンでどういったことを学んだの?」といった質問や、「今も自主的にプログラミングの学習をしているの?」「プログラマーとして技術を磨くために具体的にどんなことをやっているの?」といった質問が返ってくるでしょう。

その場限りのために勉強するのではなく、将来のためにどうなりたいのかを常に考えて、行動してみてください。

まとめ

今回は、人柄重視の志望動機の危険性や魅力的な志望動機の作り方についてお伝えさせていただきました。

私も就活生の頃は社員の人柄を重視していましたし、もちろん今でも人柄の良い会社で働きたいと思っています。
ただ、採用担当者になってから分かった事は、人柄を最重視した志望動機は不採用になりやすいことや、全ての採用業務を必ずしも社員がやっているとは限らないこと。

もちろん業種や企業によりけりなところはあるので、私の記事が全てではありませんが、志望動機は「志望企業でやりたいこと・自分がその企業でできること」を伝えたほうが無難です。

今回の記事が少しでも役に立つようであれば幸いです。
就活がうまく行くよう、願っています。

\就活生にオススメのサービスはこれ!/

プロフィールを入力することで、企業の採用担当者から採用オファーが届きます!

タイトルとURLをコピーしました